menu

平成最後の日に・・・

選挙の時だけブログをアップするのは反則です。日々の活動もアップしてくださいね。」
とご支援者様たちとほかのみなさんにも言われたのでこれからも頑張る所存のお助けワンコの颯太(ふうた)です。

天皇陛下が、今日、退位され明日から「令和」が始まります。
平成は30年と4か月、日数にして11,070日だったそうです。
飼い主:石原よしのりが、平成について振り返って感想文を書きました。

私の人生において、平成という時代は大きな意味を持っていると感じています。
会社員から政治家へ転身した時代ですから。

昭和天皇が崩御され平成になった時は、米国のノースカロライナに留学中で日本にいませんでした。
今のようにインターネットもなく日本のニュースをたやすく入手できない時代でしたが、1日中アメリカのテレビで昭和天皇のお葬式の様子が流れていたことを覚えています。
帰国したのは平成2年7月でしたので、あまり年号が変わったことに感慨もなく平成になっていました。

留学から戻った後、会社員としてのキャリアを積んでいったのが平成の時代です。米国で学んだことを生かして会社に貢献したいと燃えていたことを思い出します。バブル崩壊からのリストラの嵐、上場企業の倒産など様々な景色を見ながら、会社の同僚が何人も鬱になって会社を休んだり、やめていく様子に社会を変える必要性を感じ政治の道に転じようと考え始め、平成23年に政治家になる意思を固め、実行しました。

平成は、災害の時代ともいわれています。
阪神淡路大震災と東日本大震災が発生し、各地での水害や土石流災害など確かに多かったように思います。
阪神淡路大震災では私の実家が全壊。
東日本大震災の混乱の中で最初の選挙に挑み初当選したのも強く印象に残っています。
いまだに被災者の方たちが困難の中にあることを思うにつけ、政治の無力を感じますが、誰かができることをしていかないとという思いでいっぱいです。あきらめたら、終わりですから。

「令和」と共に私の市議会議員3期目が始まります。
平成天皇は、平和を願い、被災者や障害者、ハンセン病患者など弱い者や苦しい状況に置かれた人々に寄り添うという一貫した姿勢で務めを果たされた天皇陛下だったと思います。
僭越ながら私も政治家として平成天皇と同じ姿勢を貫いていきたいと思います。
困難にある人や弱者に寄り添って、平和な世の中が続くように政治活動を行っていきます。

 

更新情報をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます。

最新の議会映像

石原よしのり市川市議会12月議会での質問映像

リンク

  • 市川市
  • 市川市市議会
  • ホームページ制作はiWac.jp