menu

大事なことは市民と決めよう!!! ~里見公園分園の場合~

大変だ!大変だ!
里見公園分園の桜の木たちが、切られちゃうんだってよ。
立派な枝が広場の上に張って、桜が満開の時には花のドームの中にいるようなお花見ができるとっても素敵な場所なのに・・・。
この公園は、市川市の観光協会のホームページでも紹介されている見事な桜の大木が立ち並ぶ地域住民の憩い場所です。
(観光協会のHPから写真を借りてきました。)

里見公園・さくら2里見公園分園・さくら

 

 

 

 

 

 

市川市の新年度予算案にテニスコートの新設工事費7500万円が計上されました。
工事予定の場所は、国府台に2丁目、和洋女子大の南側にある里見公園分園です。
(里見公園分園の文字をクリックしてもらったら地図で正確な場所がわかります。)
この公園の桜の大木を切り倒して、テニスコートにしてしまおうという計画です。
しかも寝耳に水の計画発表だったようです。

この発表に驚いた飼い主:石原よしのりは、びっくりして市役所の担当のスポーツ課の人と公園緑地課の人にことの詳細を聞きました。
市は、国府台スポーツセンターのテニスコート9面を廃止して、市の北東部に12面のテニスコートを新設して移転させる計画を進めていたのですが、半年ほど前に「国府台にもテニスコートを残してほしい」との声が上がって、急きょこの公園が候補地になったということでした。この近くには、少年野球やグランドゴルフにも使えるような草っぱらのグラウンドもあるのですが、よりによって桜の公園に決めるとは・・・。

地域住民への告知についても聞いてみると「これから説明する」とのことだそうです。
周辺の自治会長さんたちに聞いても誰もこの話を知らないというのです。
地域の人たちは、この公園を桜の名所としてとても大切にしています。
ボランティアで公園の落ち葉を掃いてくれてる人がいることを知っていますか。桜の木の下でベビーカーの赤ちゃんと一休みしているお母さんや楽しそうに話に花を咲かせている学生さんたち、そう僕のように散歩する犬連れの人、不特定多数の市民が利用している公園は、野球チームやグランドゴルフの団体が使っている場所よりクレームが出にくいと思ってテニスコート建設を進めようとしているのでしょうか・・・。

地域住民の方たちから桜の木を伐採してテニスコートを作ることに大反対の運動がおこること必至です。
飼い主:石原よしのりは、この地域の市議会議員としてともに声を上げ計画撤回を求めるために新年度のこの予算案に反対票を入れました。予算案に反対するのは、市議会議員になってから初めてのことです。

今の市川市は一事が万事、あらゆる市政の進め方で市民が置き去りにされているような気がします。市庁舎の建て替えもしかり、外環道の植樹帯の件もしかり、赤煉瓦の保存もしかりです。
市長は、「市民本位の政治」を掲げているのに・・・。
市民には何も知らせず事後承諾ですか???
大事なことは「市民とともに決める!」という姿勢こそが今、行政に求められていると思うのは僕だけでしょうか。

 

更新情報をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます。

最新の議会映像

石原よしのりの議会での質問映像

よく読まれているページ

まだデータがありません。

リンク

  • 市川市
  • 市川市市議会
  • ホームページ制作はiWac.jp