menu

選挙5日目・・・教育環境について考える

文左衛門です。
選挙5日目、飼い主:石原よしのりは猿と犬と雉(本当はボランティアの人間の方たちです)を連れて歩いて皆さんのところへご挨拶に伺いました。旗を持って地域を歩き回ることからこの活動を「桃太郎」と呼びます。
この言葉、よかったら覚えておいてくださいね。
ちゃんと飼い主:石原よしのりのお声はみなさんに届いていたでしょうか???

今日は教育環境について飼い主:石原よしのりがどんなことを考えているのかをお伝えします。
最近は「教育格差」なんて言葉も使われていますが、教育こそ最重要でどんな人も分け隔てなく良好な教育を受けなければいけないと飼い主:石原よしのりは考えています。
「教育の格差は、将来の日本を危うくする」

ご存知でしょうか。西欧列強が世界に進出した時に日本が植民地にならなかったわけを・・・。
種子島に鉄砲が伝来した当時に日本へ来た外国の宣教師たちが残した資料などによると日本人は、教育の質が高くとても民度が高いと書かれているんですよ。
武器を持って国を守るより、知識で国を守れるなんて素晴らしいことですよね。

公立の小中学校の運営は、市の仕事です。
よく勉強するためには、学習環境の整備もとても大切なことだと飼い主:石原よしのりは思っています。最近話題の教室へのエアコン設置もこの一環かと。
「昔の子供は、エアコンなんてなかった。」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、コンクリートだらけで周囲はエアコンの室外機から熱い風が吹き出す環境も昔はなかったですよね。

最近NEWSでも話題になっていた埼玉県所沢市のエアコン設置に対する住民投票は、投票率が低くて設置賛成多数だったにもかかわらず投票が無効になったり、千葉市の請願ではエアコン設置を市議会が不採択したり教育環境を整えるということが軽視されている感じもありますよね。
ちなみに市川市は、公立の小中学校の一般教室へのエアコン設置率は平成22年に100%になっています。

飼い主:石原よしのりは、これからも公立校の小中一貫教育や校内塾などによる学力向上を目指す取り組みなど文教都市・市川にふさわしい教育の充実を目指していきます。

 

▼石原よしのりの政策・実績がこちらからご覧いただけます

バナー

更新情報をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます。

最新の議会映像

石原よしのりの議会での質問映像

よく読まれているページ

まだデータがありません。

リンク

  • 市川市
  • 市川市市議会
  • ホームページ制作はiWac.jp