menu

選挙2日目:嵐の夜に

文左衛門です。
選挙2日目はお昼頃から雨と強風というあいにくのお天気でしたが、みなさん、ケガなどせず無事帰宅されましたか?
夕方の駅頭で飼い主:石原よしのりが演説をさせていただいている時、強風にあおられて転倒したおばあさんがいました。それも一人じゃなく二人もいたそうですよ。
(飼い主:石原よしのりのボランティアスタッフはすぐに駆け寄り助け起こし、目的のバス停までご一緒しました。)
お二人ともケガはしなかったようなので、よかったです。
最近は、気候の変動で雨にしても風にしても暑さにしても以前よりずっと熾烈になっているように感じるのは、僕だけでしょうか。みなさんが、安心して暮らせる町づくりを飼い主:石原よしのりは、目指しています。

嵐の夜に2

 

さて今日は、飼い主:石原よしのりの夢についてお話しさせていただきます。
若い子育て世代の方は、老後のことなんて関係ないとお思いかもしれませんが、老いは確実に誰にでもやってきます
飼い主:石原よしのりもいつまでも若いと思っているようなのですが・・・。
選挙初日に自転車で転んでしまいました。(><)
人生「一寸先は闇」何が起こるかはわかりませんよね。

少子高齢化が進み年金が安く抑えられ、「年を取ったらどうやって生活をしていったらいいのだろう」と思っている人が世の中にはたくさんいると思います。「誰にも助けてもらえないな。」と。
そこで飼い主:石原よしのりが考えていることなのですが、駅や商業施設、公共の施設がある町の中心部に高齢者が移り住めるような町づくりができないかと・・・。
訪問看護や配食サービスなどを限られた地域で行うことができるのでコストが安く抑えられると思います。
高齢者といっても元気な方は、いっぱいいます。その方たちがご近所さんになって助け合うこともできます。
子どもを育てなければならない若い時には、郊外のゆったりした家で暮らし、年を取ったら街中に移ってくる循環みたいなのができると市内の廃屋問題なども解決されるんじゃないかな・・・と。

▼石原よしのりの政策・実績がこちらからご覧いただけます

バナー

更新情報をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます。

最新の議会映像

石原よしのりの議会での質問映像

よく読まれているページ

まだデータがありません。

リンク

  • 市川市
  • 市川市市議会
  • ホームページ制作はiWac.jp